資格試験への不安を消して合格できる5つ星対策と秘伝の裏技とは

投稿日:

資格試験の勉強時間を10分の1以下にして、実力を10倍以上あげる方法。

そんな方法があったらどうだろうか?

資格といっても

夢を叶えるための資格。

能力やスキルアップための資格。

収入アップのための資格。

など色々種類がありますが、資格を取得したい人に共通して言えることがあります。

 

それは、性別や年齢、学生や社会人問わず、資格試験に向けて必死に勉強をしているということです。

 

一般的に資格を取得するためには試験に合格しなければいけません。

この合格のために時間や労力、お金を使っています。

 

ですが、そのような対価やコストを掛けているにも関わらず、多くの受講者が仕事や勉強に疲れてしまいやる気が起きず勉強しない。

または、勉強はしているけど実力がついていないような気がしたり、スランプに陥ったりが原因で不合格になっているのが事実です。

中には恋人と破局してしまう不合格になるといった怖いケースもあります。

不合格だけは絶対に避けたいことですし、恋人と破局して不合格とか、もう訳がわからないくらい損した気分になりますよね。

ですので、ここでは資格試験に挑んでいるが

合格するか不安である。自信をつけたい

いま現在、壁にぶち当たっている

やる気が出ないを解消したい

勉強時間が足りない

効率のいい勉強法を探している

勉強も恋愛も遊びも両立させたい

上記のような人に向けて、資格試験に役立つ5つ星対策&秘伝の裏技などの合格に向けたガイドをしていきます。

不安感があればあるほど資格試験に受からない理由

資格試験に受からない人や不合格になる人の共通点とは"不安感"があるかないかです。

なぜ「不安感」が資格試験に合否に強い影響があるのかわからない人も「不安感」が生まれる原因やプロセスを見返せば納得するでしょう。

平たく言えば、不安感とは「結果」です。

結果には必ず原因があります。

資格試験に落ちる人は特定の方法に依存している

そもそもなぜ、資格試験に不安を感じるのか?

実力不足なことに自分自身が無意識に気づいているからです。簡単にいうと、自信を失っています。

 

人は自信がなく不安になっていると何かに依存します。

依存といっても薬物やカフェインの「物質依存」や親や恋人への「関係依存」などもありますが、資格試験で多くみられる依存としては「過去問」などをひたすら繰り返すような「行為依存症」などがいい例でしょう。

過去問は過去の問題です。過去問を繰り返すだけでは正直受かりません。

なぜ、みんな過去問ばかりを繰り返し解いているかわかりますか?

市販のテキストの勉強法に書いてあるから→それは過去問を販売するための企業戦略です。

スクールの講師、先生が言っていたから→脳科学や本質を知らないテクニック思考の講師だとそのように話すでしょう。(ちなみにこの時点で「関係依存症」です。)

それより、何より怖いのが「慣れ」「合理化」です。

過去問をやりなさい。という教えを守りひたすら過去問に励むことで、設問に対しての免疫といいますか、「慣れ」が生じます。

人は本能的に楽な方に、楽な方に向かおうとします。何が言いたいのかといいますと

  1. 過去問に慣れる→勉強が楽になる。
  2. 過去問で合格できると言っている→楽だけど実力がついていると錯覚(思い込み&合理化)

これって、悪い意味での自己洗脳ですよ。こんなことがいい結果をだせるはずがないんです。

平たくいえば「依存」と言うのは人間の欲望をついた落とし穴にハマってしまい不合格になると言うことです。

依存が作り出す負のサイクルとは

このように、人は何かに依存していると徐々に気分障害に蝕まれていきます。

気分が乗らないからやる気がでない。やる気がなければ勉強しても身につかない。

このように、だらだらと同じような過去問をやってみたり、テキスト眺めているのは勉強をサボっているのと同じです。

そのことには無意識に気づいているんです、だけど変えられない。

だから余計不安になるのです。

この負のサイクルの波に飲まれてしまうことで、いくらお金と時間を掛けて頑張って試験に挑んでも、結果的に不合格になってしまいます。

言われてみれば、当たり前サイクルですよね。

この負のサイクルについての対策や解決策は、どの資格試験の教材やテキストにも載っていないので多くの人の「盲点」となります。

しかも重大な盲点なんです。

簡単にいうと、その「盲点」にいち早く気づけた人がどんな資格試験にも合格したり受かる人達で、その「盲点」に気づかない人が資格試験に落ちる人、不合格になる人になります。

どんな資格試験にも受かる人や合格する人の共通点

どんな資格試験にも受かる人の代表的な特徴としては

ずば抜けた暗記力や頭の回転が早いなどの天才的な頭脳を持っている

物事の全体像を把握して、最適なプランを瞬時に心得る

勉強法というテクニックではなく、スキルや能力といった本能的スペックが高い

などがあります。

そして、彼らの共通点とは本能的スペックを高めることで、最適なプランと暗記力などを兼ね備えていくことがわかってきました。

資格試験に合格するための5つ星的な対策とは

この方法を知らなければ、何年受けようが同じ"不合格"の通知を見ることになります。

逆に知っていれば合格通知を眺めて夢と希望に満ち溢れた体験をすることができます。

 

多くの人は勉強法といったテクニックに依存します。

テクニック思考がすべて悪いといっている訳ではありません。

 

ですが、少数派の成功者や合格者たちは本能的スペックをフル活用する対策から始めます。

本能的スペックのフル活用とは

実力がつく環境

体に摂取する成分

マインドや思考

などを指します。

成功者や合格者たちは、テクニック思考といった詳細型ではなく、もっと全体的な視野からみる人間の脳細胞や、環境の自然エネルギーをフルに活用しているのです。

試験に合格した9割の人が必ずしている秘伝の裏技とは

この本能的スペックの中でも、試験に受かる人たちがこぞって秘密にしている裏技があります。

それが集中力の強化です。

集中力を爆発的に上昇させる方法。

これを知られたら自分の合否に影響がある焦りからでしょうか、みんなこの真実を隠しています。

効率的に集中力を高めるための解決策

集中力を高めろと言われてもそんなもんできたら最初から苦労しないよ。」と思われているかもしれません。

その考え方のあなたは正常です。

ですが、実はみんな知らないだけで集中力を意識的に高めることができる方法はあるのです。

その中でも本能的スペックを瞬時に高めることができる選りすぐりな方法をご紹介します。

集中力を高めるオススメの方法

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

パーフェクトブレインとは、東京大学の理III出身で現在は東大の医師でもある森田敏宏氏が開発したスペシャルプログラムである。天才脳を手に入れることができる科学的に証明された唯一の方法であり、トップ0.001%の知的支配者層が独占してきた禁断の技術・プログラムになります。つまり、10万人に一人にしかない頭脳を作り出すことができる方法で、誰でも一日3分の7日間あれば日本トップレベルの頭脳を持つことができると証明されています。http://perfect-brain.net/sp/

 

まとめ

資格試験への不安が消えて合格できる5つ星対策と秘伝の裏技はいかがだったでしょうか?

テクニック思考ではなく、人間に備わった本能や能力を高めることが資格試験に合格することができる一番の近道になります。

集中力を高めることで

  1. 10分の1以下の勉強量で10倍以上の実力をつけて
  2. 時間にも心にも余裕が生まれて
  3. 不安がなくなり、安心して自信満々に試験に挑めて
  4. 恋愛も遊びも仕事も充実させながら楽々と資格を取得する

と、こんなことも可能にすることも夢でありません。

 

不安を感じたときって神社に向かい神頼みしたり、占いに頼ってしまうことがあります。

何かに守られたい。その気持ちはすごくよくわかります。

ですが、本当に何かに守られ念願の合格をしたのであれば、自分の"外"に目を向けるのではなく、自分の"中"に目を向けることが最強のお守りなるのではないかと思っております。

-ブログ記事

Copyright© ラクリバナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.