飲み会の翌朝におきる猛烈な「やっちまった」自己嫌悪をスッとなくす方法

投稿日:

キュウリくん
くそ!自分のメンタルが弱くて腹立ってくるわ
こうめい先生
なんかあったの?
キュウリくん
昨日の飲み会でヘラヘラしたことに自己嫌悪中なんだ
こうめい先生
ふーん、そんなことか
キュウリくん
そんなことじゃないよ!結構辛いんだよ。別に迷惑かけた訳でもないのになんか自分の行動全てが腹立たしく感じるんだ。
こうめい先生
それで弱い自分を変えたいと?
キュウリくん
そうだよ、もうこんな生活やだよ。正直いって消えて無くなりたい

楽しいお酒の席、いわゆる「飲み会」。

あなたはよく参加しますか?それともあまり参加しない?

どちらにしても、この「飲み会」で失敗して恥ずかしい思いをした経験がある人は少なくないはず。

普段は変なことをするような人じゃないのに変なことして人を笑わせたりとか、いきなり泣き出したり、笑ったり、怒ったり。

こんな普段見れない喜怒哀楽や本音が見えることも飲み会の楽しみの一つですよね。

普通の人なら、「昨日は飲み過ぎたわー」って軽く後悔するだけであとは忘れてしまいますが、中には目覚めた瞬間から猛烈な自己嫌悪に襲われてしまい、生きる気力がゼロになってしまう人がいることも事実です。

そんな時の対処法は簡単。

「誰も自分のことなど気にしていない」と思うことです。

思うことというか、事実です。

あなたが芸能人かカリスマ性満載の人気者ならともかく、もし飲み会の仲間たちと同等であり、みんなで騒いでいたのなら誰もあなたの発言や行動などいちいち分析していません。

実は考え過ぎなだけです。

その証拠にあなたは飲み会の席で酒を飲み、アルコールが入っている状態で人の話を聞いていたことはあると思います。

その人の話を一語一句鮮明に覚えていますか?

内容は覚えていることもあるけれど、何をどう喋っていたのかまではわからないと思います。

それと同じであなたと共に飲み会にいった仲間たちもあなたの話の内容はほんわか覚えているますが、あなたの話の言い回しや喜怒哀楽などいちいち分析なんてしていませんよ。

仮に分析している人がいたとしたら、そんな人間とは関わらない方がいいでしょう。

人を分析するなんて「仕事」ですからね。

何かしら自分に利益があるから「仕事」をするのでしょう。

例えば、あなたの株を下げて、自分の株を上げる材料にするとか。

まーとにかくいいことはないのでそういった類の人とは最初から飲み会に行かないことをおすすめしますよ。

キュウリくん
気にしないのが一番ってことはわかっているけど、自己嫌悪になってしまう場合はどうすればいいんじゃ
こうめい先生
うーん、キュウリくんみたいな場合は「お酒」が問題ではないかもしれないな

「誰も自分のことなんて気にしていない」と思っていても自己嫌悪になる場合は少し別の問題になってきます。

あなたが芸能人や飲み会のメンバーの中でひときわ注目される人でない限り、飲み会の席ではたしかに誰もあなたの発言や行動を気にしていないし、分析していません。

これは間違いありません。

ですが、たった一人だけあなたのことを分析している人がいます。

それは「あなた」です。

普段からあなた自身が人からどう思われているかすごく気にしてしまう場合、この自己嫌悪は一生ついてまわるでしょう。

「あの時、あんなこといっちゃった。恥ずかしい消えたい」

「またやっちまった。二度と飲み会に参加するものか」

「自分は迷惑な存在だ。二度と会いたくない」

と、勝手な思い込みでどんどんネガティブを作り出していきます。

つまり、自分に厳しすぎなんですよ。

その厳しすぎが仇となり、あなたはあなた自身を知らずに傷つけ、苦しめているのです。

 

なんで自分に厳しいのかって?

それは自分を認めていない。

自分を承認していないからですよ。

 

いわゆる、自己肯定感が極端に低いからです。

今後、飲み会の翌日の朝も「あー楽しかったな。また飲みいきたいな」なんて爽やかに目覚められたら人生が大きく変わり楽しめるようになると思いませんか?

もし、飲み会の翌日猛烈な自己嫌悪を無くしたいならあなたは自己肯定感を高めることから始めてみてはいかがでしょうか?

→次のページ 自己肯定感を高める方法。『7つの周期』と『9つの鍵』の黄金法則とは

1 2

-ブログ記事

Copyright© ラクリバナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.