宅建の試験本番で合格点35以上をだせる人たちの本質的な共通点とは

投稿日:

宅建の勉強をしているとおそらく誰もが「果たして本当に合格点35以上取れるのか?」という不安を抱えると思います。

  • 今の勉強法は間違っているのかも
  • 勉強時間が足りないかも
  • なにをすれば一番効率がいいのか

など、合格に対する不安が募ることで、どんどん自信を失っていきます。

そんな時に気になるのが合格した人たちの方法ですよね?合格した「結果」を出した人たちにはある共通点がありました。

それも小手先のテクニックではなく、本質的な共通点です。

合格した人たちの中にはラッキーで受かってしまった人も中にはいると思いますが、ラッキーで合格する確率など合格者の0.01%にも満たないでしょう。

なので、今回の記事では宅建の試験の合格点を見事に突破した人たちにみられる本質的な共通点に触れていきたいと思います。

宅建に合格した人たちは何をしていたのか?

ここでは宅建試験の受講者である15%の合格者の共通点を紹介すると同時に、残りの85%の不合格者の共通点をお伝えしましょう。

まず、最初に宅建の不合格者に「試験を終えてた今、なぜ不合格になってしまったと思いますか?」との質問に対して「試験中に十分に力を発揮できなかったこと」と実に9割の人が回答しました。

次に、合格した人たちに「試験を終えた今、なぜ合格できたと思いますか?」との質問に対しては「リラックスして全てを出し切れたから」との回答が多くありました。

この結果から、不合格の人は試験本番で力を発揮できていなかったが、合格者は力を出し切れた共通点がみてわかると思います。

ここでのポイントとしては、今まで勉強してきた全ての知識を試験本番で発揮できるかどうかが合否の分かれ道となるということです。

それでは、なぜ宅建試験に落ちた人たちは本番で十分に力を発揮できなかったのか?

それは、不安を抱えるからです。

これは心理学や脳科学的にも証明されています。

シンプル説明すると

  1. 人は不安を抱えたら緊張する
  2. 緊張すると思考能力が鈍ったり、思考停止状態になる
  3. 思考が停止、または鈍ることで試験本番で十分に力を発揮できなくなる

と、不安を抱えることで望まない結果を生みだしてしまいます。

宅建試験に合格できなかった9割の人が証明している通り、思考能力が鈍った状態、または停止状態では合格することはできません。

逆に捉えてみると、宅建に見事合格した人達は、試験中に緊張しなかったので今まで勉強して蓄えた知識を十分に発揮できたことで合格できたのです。

なぜ、不安になるのか?

なぜ、人は不安になるのか?

それは単純に自信がないからです。

なぜ、自信がつかないのか?

自信がないということは、自分で自分の力を疑っていることになります。

自分で感じている自分自身の力は、いま取り入れている勉強方法や対策による「結果」です。

その「結果」に疑心暗鬼になっているということは、いま取り入れている勉強方法と対策に不満があるということ。

要するに、それは上手に学べていないからもっと効率のいい方法をあなたの無意識が強く求めているのです。

ここを解決しない限り、いくら時間をかけて条文を暗記したり、過去問をたくさん解いていても不安は消えずに緊張状態を作り出し試験本番で思考停止状態になってしまいます。

ここだけは、テキストや過去問の勉強だけでは解決できない領域になります。

ですので、何事も成し遂げるための基盤となる本質的な能力を備えることが必要になります。

その本質的な能力やスキルの正体と対策はこちらの記事で詳しく紹介しております。

なぜ、あの人は頭がいいの?ヒント→時間は10分の1"結果"は10倍

資格試験の勉強時間を10分の1以下にして、実力を10倍以上あげる方法。 そんな方法があったらどうだろうか? 資格といっても 夢を叶えるための資格。 能力やスキルアップのための資格。 収入アップのための ...

この対策をマネをするだけで一発で宅建の資格を取得できる確率が急激に上昇するかと思われます。

よかったら参考にしてみてください。

まとめ

この記事で伝えたかったこと

それは、宅建の試験に合格するにはテキストに乗っていることを勉強するだけが対策ではなく、もっと本質的な能力やスキルも向上される対策も必要だということです。

ですので、本質的な能力やスキルの基盤も整備されていないのにテキストや過去問の勉強ばかりする非効率でものすごく損する方法をしているのであれば、それは一旦ストップしてみましょう。

今を冷静に見つめ直してみることで、あなたは宅建に合格するプロセスは「勉強」だけではない真実本質的な「あること」にすぐに気づくことが出来るでしょう。

-ブログ記事

Copyright© ラクリバ , 2018 All Rights Reserved.