安心と可能性のバランスを攻略するライフハックメディア

ラクリバ

【3分ルール】やりたいことの見つけ方【才能×情熱=答え】

投稿日:

 

本当にやりたいことを知って、それに打ち込みたい!

 

けれど、自分がやりたいことがわからなくて萎えてしまっている人に

 

 

やりたいことを3分で見つける方法をお伝えします。

 

 

この方法により、日常的にやりたいことを見つけられる様になります。

 

 

「やりたいこと」は未来にフォーカスするので

可能性が増えて刺激的になれます。

 

 

一人でいても退屈な時間が減るし、行動力が上がるので

将来の安定のために、現在を楽しむライススタイルを実現できるので

「やりたいこと」を簡単に見つける方法を覚えていても損はないでしょう。

 

 

やりたいことをあぶり出す公式は

 

 

「好きなこと」を「向いていること」方法で実現したいこと

 

 

になります。

 

 

それでは、これから

人が無意識にとってしまう心理効果を活用して

より簡単に、スムーズに「やりたいこと」を見つける方法をみていきましょう。

 

 

購読時間3分

 

過去に向いていたこと、得意なことを探そう

 

 

やりたいことを見つけるために

まず、過去に向いていたことを探します。

 

  • ストレスを感じなかったこと
  • 苦痛を感じなかったこと
  • スムーズにできてしまうこと
  • 褒められたこと
  • 無意識にでもできること

 

これを探していきます。

 

できるだけ、多くリストアップしましょう。

 

 

ここで3分ルールを適用します。

 

 

3分で見つからなかった場合

たとえ1つしかリストアップできなくても

何が何でも続けてはダメです。

 

 

このように、自分に禁止令をだしてみください。

 

 

…これには理由があります。

 

 

頭で考えて答えが見つからない時というのは

結局、何時間考えても答えが見つからない・わからない

ことが多いからです。

 

 

ですが、人には必ず向いていることはあります。

 

 

ただ、そういう人はモノゴトに対して

視点を切り替えられないでいることが多い。

 

 

なので、無意識を上手に活用して

視点が上手に切り替わり

向いていることを自覚できる機会を増やしていきます。

 

 

無意識なので、もちろん意識せずに

日常生活をおくる上で「ひらめき」の様な

感覚を増やすということです。

 

 

なので、超絶カンタンです。

 

 

これには心理学の

「カリギュラ効果」を適用しています。

 

カリギュラ効果を簡単に説明すると

 

人は禁止されると、禁止されたことをやってみたくなる

 

心理現象です。

 

 

 

有名なテストに「ピンクの像」があります。

 

ピンクの像を絶対に思い浮かべないでください。

 

 

どうでしょうか?

 

どうしても思い浮かんでしまうんです。

 

 

この本能的な現象をうまく活用して

 

  • ストレスを感じなかったこと
  • 苦痛を感じなかったこと
  • スムーズにできてしまうこと
  • 褒められたこと
  • 無意識にでもできること

 

探す意欲を潜在意識に刷り込んでいきます。

 

 

 

すると、日常生活をおくる中で

 

  1. 見たこと
  2. 聞いたこと
  3. 触れたもの

といった外部からの刺激が

「向いていること」にリンクする機会が増えていきます。

 

 

つまり、得意なことや向いていることが

無意識に思い出しやすくなる

 

 

で、その時は素直にスマホや紙にメモをしておくと

自分のリアルなデータが蓄積されていきます。

 

 

好きなこと

 

 

やりたいことを見つけるためには

「向いていること」以外に

「好きなこと」見つけていきます。

 

 

順番はどちらでも構いません。

 

  • 向いていること
  • 好きなこと

 

やりやすい方からお好みで探し始めてみてください。

 

 

「好きなこと」とは

その活動や行動自体に価値を感じて

 

  • 没頭
  • 熱中
  • 夢中
  • 挑戦

 

 

するような

心の芯から欲求が掻き立てられるようなことを探します。

 

 

「好きなこと」も同様に3分ルールを活用してみてください。

 

 

データを蓄積するメモは必ずしましょう。

 

 

 

好きなことを向いている方法で実現する=やりたいこと

 

 

「向いていること」

「好きなこと」

 

のデータが蓄積されたら

次の公式に当てはめてみます。

 

 

「好きなこと」を「向いていること」方法で実現したいこと

 

 

です。

 

 

色々組み合わせてみてください。

 

 

データが多ければ多いほど

何通りも「やりたいこと」ができるはずです。

 

 

これもメモします。

 

 

「やりたいこと」を

複数リストアップできたら

優先順位をつけていきます。

 

 

  1. 直感的に上位10位を決める
  2. 10位の中から3つに絞る
  3. 実現・実行のしやすさを考慮して1つ決める

 

1つに絞ったら、

「やりたいこと」を実行している

自分を深くイメージしてみる。

 

 

自分の感覚に正直になり

心地の良さを確かめる。

 

奮え立つ様なモチベーションを感じられたら

実行することに強くコミットしましょう。

 

 

以上の流れで、あなたが本当にやりたかったことを見つけられます。

 

 

まとめ

 

 

今回の記事では

 

  • 向いていること
  • 好きなこと

 

を見つけて、「やりたいこと」を見つける方法をお伝えしてきました。

 

 

好きことを向いている方法で実現させることが「やりたいこと」です。

 

 

この方法は、かなりイージーで

逆に「やりたいこと」が増えてしまいます。

 

そんな時は、やりやすさとか、利便性

実現の可能性が高いものから優先順位をつけて

ひとつひとつこなしてみましょう。

 

 

あとは行動するだけです。

やりたいことを充分に楽しんでくださいね。

 

-自己実現

Copyright© ラクリバ , 2019 All Rights Reserved.