避けていたビットコインに今さら手を出してみた3つの理由

投稿日:

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨

以前まで目もくれなかったのですが

 

日本政府が正式に貨幣として認めたことで

今後は"投資"ではなく

正当な"通貨"として

活用せざる得なくなってくるのではないか?

 

いろいろ調べてみた結果

私の直感は当たりました。

スポンサーリンク

仮想通貨に手を出さなかった理由

単純に怪しいと思っていた

どちらかというと私は

ビットコインなどの仮想通貨を

アンチ的な目で見てきました。

 

だって、目に見えないですし

どこかの国が発行している

お金でもないですし、

すこし怖いじゃないですか。

 

なので、よく知りもしないで

勝手に怪しいと思い込んでいました。

 

いわゆる、食わず嫌いみたいなものですね。

 

上がり下がりが激しい

「ビットコインの値上がりが半端ない」

「いま、買ったほうがいい」

など、煽るような声が多く

 

過去の不動産バブルと同じではないか?

と一人で仮想通貨を斜めから見ていました。

 

ジェットコースターのような

上がり下がりがあるなんて

自分は絶対に参入しないし

 

それはもはや投資ではなく

投機やないかい!

よく一人で上からつっこんでいたものです。

 

バブルの時はバブルと気づかない

不動産バブルの時もそうでしたが

バブルの時は皆

バブルだとわかっていません。

 

なので

いま参入しても損をするだけと決めつけて

かなりチキンになっていました。

 

今はそれなりに勉強をして

ブロック・チェーンについても

知識がつき、マクロ的な視点で

これからの動向を把握することが

できてきました。

 

そんなわけもあり

今後、必ず仮想通貨の時代がくると

自分の中で確信できたので

仮想通貨へ対しての見る目が

ずいぶん変わってきましたね。

 

一攫千金の投資目線で考えないで

円を仮想通貨に変える気持ちでいれば

参入するメリットは大きいと思い

 

仮想通貨を取り扱ってみようと

決心できたのです。

 

いま考えれば

そこまでチキンにならなくても

良かったかなと自分を恥じております。

 

仮想通貨に手を出した理由

貨幣として世界中で活用できること

外国人が観光で訪れる都市

といったら「東京」になりますが

 

外国人向けのサービスなどは

仮想通貨での決済が

メインになってくる確率が高いです。

 

海外に行った人ならわかると思うのですが

通貨の換金ってめんどくさいし

手数料高いんですよ。

 

ですので、自国で保有している

便利で楽な通貨が外国で使えるとすれば

その通貨を使いたくなるものです。

 

で、東京で外国人争奪戦に

力をいれている企業が

仮想通貨で支払い可能にする。

マネ、マネ、マネが続き

東京では仮想通貨で決済が当たり前になる。

東京で当たり前なことは

日本全土に普及する。

日本国民が仮想通貨を

保有・支払いをすることが

当たり前になる。

 

もちろん、この逆もあります。

 

日本人が仮想通貨もち

外国に旅行するとなれば

仮想通貨が使えるお店にいきます。

 

海外でも仮想通貨で決済できる

お店が当たり前になる。

 

もうそうなると

日本だけの話ではなく

世界で統一された

通貨ということになりますよね。

 

いつか国境はなくなる

と言われてきましたが

まさに今がその時なのかもしれません。

 

「紙のお金」から「仮想通貨」に変化すること

使う人が多ければ

多数派に時代は変化していきます。

 

こういった理由から

紙のお金は徐々に

なくなっていきます。

 

そうなると

仮想通貨の需要が

どんどん上がります。

 

日本人がまだ「円」にこだわっているのは

現金で持ち歩いている人が

多いこと1つの理由です。

 

時代の流れが電子決済に変われば

私たちがメインに使う通貨も

世界中で便利に使える通貨

変化していくことは

ごく自然の流れになります。

 

なので、今のうちから

仮想通貨に慣れておこうと思い

さっそく仮想通貨購入専用の

取引所に登録してみたのですが

とても簡単でしたね。

 

3分くらいで開設できました。

もちろん無料です。

 

もし、どんな取引所に

登録すればいいのか

わからない場合は

私も一番最初に登録した

コインチェック

をおすすめします。

 

取り扱い仮想通貨の数が国内No.1だし

サクサク進められるので

ストレスなく進められると思いますよ。

 

 

円だけでは視野が狭くなる

昔、日本が破綻すると言われた時に

FXなどの外為に手を出そうとしたことがあります。

 

私の場合は投資ではなく、リスクヘッジとして

資産を分散させる目的でした。

 

ですが、円からドルにしたところで

そこまでリスクを抑えられるといったら

そうでもないような気もして

円のまま資産を保有しておきました。

 

ですが

今回の仮想通貨に関しては

話はべつです。

 

おそらく、いまから仮想通貨の

口座くらいは開設しておかないと

完全に時代に取り残されますね。

 

円だけにこだわることで

いろいろチャンスを失うこと

勿体ない気持ちになってきたこと。

 

少額でも円を仮想通貨に変えておくことで

いろいろなメリットがあることにも

気づけたこと。

 

30代にもなり、老後は自分のことは

自分で管理して時代の流れについて

いかなければ生きていけない。と思い

 

今後、世界を変えていく

仮想通貨にこっそり慣れておきたい。

 

という気持ちが強くなったことが

今回、仮想通貨の口座を開設した

理由になります。

 

これは個人的な意見ですが

この流れに乗り遅れた時の

末路を考えただけで少しぞっとします。

 

日本政府が正式に貨幣として認めた

 

2018年1月に

日本政府が仮想通貨を正式に

「貨幣としての価値」として認めました。

 

これにより

さらに仮想通貨は普及していき

あらゆる場所で仮想通貨で取引や売買が

行われると思います。

 

「給料や報酬も仮想通貨で支払う」

なんてこともあるかもしれません。

 

この時代の動きを見てみると

リスクヘッジだけではなく

仮想通貨を投資として

捉えて活用することも

十分ありだと考えております。

 

ここ1年で20万円が200万円に化けたり

物凄い勢いの仮想通貨ですが

この普及率を考えると

いま10万円ほど仮想通貨に

置き換えておくだけで

数百万になっているかもしれません。

 

先のことは断言できませんが

 

そのような恩恵を手にするのも

今すぐ仮想通貨に慣れおくこと。

 

それが唯一断言できる

まぎれもない答えになります。

-ブログ記事

Copyright© ラクリバ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.